『ウィッチャー3』 攻略 プレイ日記 9 – 【ニルフガードの諜報員】

十字路の宿屋のゲラルトウィッチャー 3

どうも、A-Tenbinです。

ウィッチャー3 ワイルドハント の攻略 9回目です。(前回はこちらからどうぞ)

戦争の爪痕残るヴェレン

シリを探すため、まずはヴェレンにやってきたゲラルトさん。

最初に目にした大きな木には、たくさんの人が吊るされていました。

戦争のせいで、色々と荒んだ土地になってしまったようです。なにかの見せしめなんでしょうか。

ヴェレンの首吊りの木 - Witcher 3

たくさんの人が吊るされているヴェレンの首吊りの木

気を取り直し、まずは、イェネファーから聞いた諜報員のヘンドリックを探しに十字路の宿屋へ向かう。

途中、通り過ぎた村では家が丸ごと焼け焦げのようになっていたり、人を吊るすための柱が立っていたりと、戦争の爪痕がそこかしこに。

馬を走らせしばらくすると、川の近くにある十字路の宿屋へ到着。

村人の会話もなんだか、トゲトゲしい。

宿屋のバーテンダーにヘンドリックについて聞いてみるが、話がはぐらかされる。

とりあえず、一杯、お酒を飲んだところで、宿屋の外がちょっと騒々しくなった。

その音が聞こえるとすぐに、他の客はいなくなってしまった。どうしたんだろう?

すると、さっきのバーテンダーがここから逃げろ的なことを言ってきた。

なんかしら、もめごとの原因がやってくるんだなと、バーテンダーの新設を無視して様子を見ることに。

やっぱり、宿屋に入ってきたのはガラの悪い3人。

十字路の宿屋に来たガラの悪い奴ら - Witcher 3

十字路の宿屋に現れた、いかにもガラの悪そうな連中

早速、ゲラルトさんの2本の剣にからんできた。イラっとしたが、ここでもめて旅の目的に邪魔になるといけないので、穏便に済ませることに。

なんとか酒をおごって、やり過ごしたところで、さっきのバーテンダーに呼ばれて店の奥へ。

よっぽど、店でもめごとが起こるのを避けたかったらしく、ゲラルトの対応に感謝して、ヘンドリックについて情報提供してくれた。

どうやら、ヘンドリックは丘の向こうにあるヘザートンという村にいるらしい。

もちろん、バーテンダーは知らないだろうが、諜報員らしく、トラブルからうまく回避しながら行動しているようだ。

ただ、ヘザートンの方から「おかしな光」が見えたから、もしかすると村が帝国に襲われたかもしれないとも言っていた。

ヘザートンに急いだほうがよさそうだ。

バーテンダーに礼を言い、ヘザートンに向かうことに。

 

ヘンドリックを探しにヘザートンへ

きれいな夕焼けの中、馬を走らせる。

ヴェレンの夕焼け - Witcher 3

夕焼けの中、ヘザートンに向かって馬を走らせるゲラルト

村に着くとすぐに雰囲気がおかしいことに気づくゲラルトさん。

気温が下がり、霧も出ている。

馬を降り、村の中ほどに進んでいくと、村人が荒ぶった複数の犬に襲われているじゃないか!

すぐさま、村人と犬の間に割って入り、得意の剣で犬を屠る。

ヘザートンの狂った犬 - Witcher 3

ヘザートンで人を襲っていた犬を切り伏せるゲラルト

狂った犬を全て片付けてから、パニックになって動転している村人をアクスィーの印で落ち着かせる。

村人が落ち着くのを待って、ヘンドリックについて尋ねてみた。

すると、ヘンドリックは殺されたっていうじゃないか!遅かったか~。

村に何が起こったのか聞いてみると、全身が氷に覆われた黒い鎧を着た一団が突然現れ、ヘンドリックを拷問したようだ。

その後、家々を燃やされ、殺される村人や連れ去らわれる村人など、きっと地獄絵図のようだったに違いない。

ワイルドハントに襲われる村人 - Witcher 3

ワイルドハントに惨殺されるヘザートンの村人

 

シリの手がかりは残っているのか?

村人から話を聞いたあと、早速、ヘンドリックの家に向かう。

ヘンドリックの家の前には足あとと氷の痕跡があった。襲ったのは帝国じゃなくてワイルドハントに違いない。

家の中を覗くと、そこには血まみれの死体が。きっと、この死体がヘンドリックに違いない。

あきらかに拷問を受けた様子。ワイルドハントがなにか見落としていないか探ってみると、ブーツの中に鍵が隠されていた。

奥の部屋の床下から風が流れてきていることから、地下室があるに違いないと確信。

床を覆っていた布をどかすと、入り口を発見。早速、鍵を開けて地下へ。

地下室には、なぜか「血まみれ男爵」の娘の誘拐についての貼り紙があった。

色々と探ってみると、隠し扉を発見。中には帳簿とメモが見つかった。

帳簿を見るとヘンドリックは商人に偽装していたようだ。

メモの方に目をやると、そこにはシリと思われる人物についての調査記録が書かれていた。

どうやらシリは、「血まみれ男爵」と接触していたらしい。また、魔女と争いがあったことも書かれており、魔女についてはミッドコプスの村人に聞く必要がありそうだ。

ヘンドリックのメモを見るゲラルト - Witcher 3

諜報員のヘンドリックはシリに関する調査記録を残していた

シリの手がかりは「血まみれ男爵」と「ミッドコプスの魔女」だけのようだ。

まずは、「ミッドコプスの魔女」について調べるため、ミッドコプスに向かうことにしよう。

 

今回は、ここまで。

シリともめた「魔女」とは、どんな人物なのか?

 

もしよかったら、次のプレイ日記も見てね。

『ウィッチャー3』 攻略 プレイ日記 10 – 【魔女狩り】【闇をさまよう】1

 

Youtubeもやってます。こちらもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました